受動喫煙防止条例

【喫煙ブース】2020年4月以降にタバコが吸える場所について

「2020年4月から、飲食店ではタバコが吸えなくなるらしい」
そんな話が徐々に広まってきた今日この頃。
どこならタバコが吸えて、どこでは吸えなくなるの?
喫煙者の目線でまとめてみました!

禁煙の場所・施設

  • 学校
  • 医療機関
  • 児童福祉施設
  • 行政機関
  • バスタクシー、航空機

上記の施設は既に敷地内禁煙となっています。
(屋外に喫煙所を設けることができ、喫煙所があれば喫煙可能です)

ただし、幼稚園や保育園、小中高校は屋外にも喫煙所を設けることができず、敷地内は完全に禁煙です。

禁煙または分煙になる場所・施設

  • 多数の者が利用する施設(老人福祉施設、運動施設、ホテル旅館、事務所)
  • パチンコ店
  • 船舶
  • 鉄道
  • 大部分の飲食店(国の基準を上回る規模の飲食店、都のルールだと従業員がいる飲食店)

上記の施設は、屋内全面禁煙にするか、各種喫煙専用室を設ける必要があります。
パチンコ店など、複数階にまたがる店舗は基準を満たせばフロア分煙も可能です。

通りに面していない、喫煙者・非喫煙者問わず通行人に健康被害が及ばないと見なされる場所であれば、灰皿を置き、外での喫煙は可能です(店前など)
しかし、例えば東京都では、基本的な路上での喫煙は禁止となっているため、注意や罰則を受けることがあります。

喫煙可能な場所・施設

  • 国の基準を下回る小規模な飲食店
  • 都のルールでは、従業員のいない、家族経営や個人経営の飲食店
  • 喫煙が主目的となっている施設

上記施設では、店舗側が客席の一部または全部を喫煙可能とすれば、今までと変わらず客席フロアで喫煙することができます。

いずれの施設も、屋内での禁煙・喫煙状況について、施設入口に掲示する必要があります。また、喫煙室を設ける場合には、喫煙室入口にその旨がわかる掲示が必要となります。

喫煙室の種類について

  1. 喫煙専用室
    →紙巻きたばこも電子タバコもなんでも吸える部屋。ただし喫煙以外の行為は不可能なため、飲食をしたり、椅子や机を置くことも禁止されています。
    →いかなる状況下においても20歳未満の者の立ち入りができません。

    ナイトクラブなどの特定遊興飲食店に導入する際、個室には該当しません。
    そのため、面積を気にせず導入することができます。
    ダクトやB工事、必要に応じた電気工事を行なった上で導入が可能です!

  2. 加熱式タバコ専用喫煙室
    →加熱式タバコ(iQOSなど)を吸いながら飲食可能な部屋。紙巻きたばこを吸うことはできない。
    →いかなる状況下においても20歳未満の者の立ち入りができません。

    ナイトクラブなどの特定遊興飲食店に導入する際、個室に該当します。
    33㎡以上の個室要件を満たした上
    で、諸条件をみたした喫煙室を導入する必要があります。

  3. 喫煙目的室
    →シガーバーやタバコ販売店、公衆喫煙所など喫煙を主目的とした施設では、施設の一部または全部で喫煙が可能です。

    飲食の提供も可能ですが、主食とみなされる食事の提供はできません!

  4. 喫煙可能室
    →既存特定飲食提供施設(国の基準を下回る小規模な飲食店、都のルールでは従業員のいない飲食店)は、経過措置として、客席の一部または全部で喫煙が可能です。また、飲食等の提供も可能です。

まとめ

2020年4月以降、各施設の入口に屋内での喫煙・禁煙状況が掲示されます。
飲食店の中でも

  • 完全に禁煙となる店舗
  • タバコを吸うためのブースが設けられている店舗
  • 電子タバコを吸いながら飲食ができる店舗
  • 今まで通り、タバコの種類も関係なく飲食をしながらタバコを吸える店舗

のように状況が異なります。
タバコを吸いたい人、逆に周囲で吸われたくない人、それぞれが希望に沿った施設を選ぶことになりそうです。

駅前のコンビニでは、誰もが自由に利用できる喫煙専用室を設置している店舗が増えています(民間企業が行う公衆用の屋内喫煙施設)

改正健康増進法の施行により、再度路上での喫煙も取り締まりが強化される可能性がありますので、今のうちに吸いたくなったときに利用できる施設を把握しておくのも良いかもしれません。