受動喫煙防止条例

飲食店に喫煙ブースを導入する際の確認事項

喫煙ブースの導入にはビル側の工事が必要になります!

喫煙ブースを導入するにあたり、まずビル側の施工が必要になります。

  • ダクト工事
    →屋外に排気可能なダクトを増設する必要があります。既存のダクトに接続も可能ですが、既存ダクトへの弁の取り付けなどが必要になります。
  • スプリンクラー工事
    →フロアにスプリンクラーがある場合、散水障害を防ぐためスプリンクラーの移設/増設が必要になります。
  • 煙や熱感知器の工事
  • 1次電気工事
    →既製ブースを導入する場合、人感センサーなどのために、電源の確保や1次電気工事が必要になります。

店舗のロケーションによっては、ビル側の工事が難航するケースがあります。
早めのご相談と施工をご検討ください。

2019年度の国や都の助成金は、喫煙ブースそのものの費用以外にも、施工に関わる費用が対象になります。そのため、ビル側のダクト工事なども助成対象です。

たしかに禁煙にすることのメリットもありますが、
今まで喫煙可能だった店舗がいきなり全面禁煙にすると、営業上のデメリットも発生します

路面店の場合、入り口前に灰皿を置いて店内禁煙を検討されるケースも伺いますが、正式に認められた対処法ではありません。通行人などから苦情が入った場合、この度の「受動喫煙防止条例」とは別の指導を受ける可能性もあります。

2019年度は助成金も用意されていますし、喫煙ブースを活用した店内分煙を検討してみてはいかがでしょうか。

喫煙ブース導入の際は、事前相談が出来る様々な窓口があります!

厚労省の窓口

  • 受動喫煙防止対策の技術的な相談
    TEL:050-3537-0777
    一般社団法人 日本労働安全衛生コンサルタント会
  • 喫煙室の要件確認や実態把握
    TEL:03-3635-5111
    柴田化学株式会社
    →ブース外から内への風量(0.2m/秒)測定用の風量計を無料貸し出ししています
  • 助成金について
    各都道府県労働局の雇用環境・均等部企画課

東京都の窓口

  • もくもくゼロ
    TEL:0570-069690
    福祉保健局
    →条例の該当施設かの確認、ブース導入時の事前相談先
  • 助成金について
    TEL:03-5320-4627
    産業労働局観光部受入環境課

JTの窓口

  • リレーション推進担当
    各都道府県の窓口があります
    →喫煙ブース導入時、無料の出張アドバイスを受けられます
    (混み合っており、予約を取るのが困難です・・・)

PLUS ONの窓口

弊社ももちろん、喫煙ブース導入におけるお問い合わせをいつでもお待ちしております。
ブースの提案や専門業者による現調も行なっております。
TEL:03-6427-2557
FAX:03-6427-2558
お問い合わせフォーム